返済のめどがつくようになります

債務整理とは何でしょう?

借金地獄から抜け出すための手段なのですが、詳しく知らない方もいらっしゃいますよね?

この借金とは、家族や知人に借りたお金ではなく、複数の金融会社から多額のお金を借りている(多重債務者)を請求書や取立てに怯える日々から救うための手段です。

この債務整理とは、誰でも使える手段ではありません。

多重債務者限定になります。

自分で手続きすることもできますが、結構な勉強が必要になります。

通常は弁護士、または司法書士に相談し、依頼して処置してもらいます。

相談し、依頼することで有料にはなってしまいますが、債務整理を行えば、利息などで膨れ上がった把握できないような多額の借金が減り、返済のめどがつくようになります。

債務整理には4つの種類があります。

自己破産・任意整理・特定調停・個人民事再生です。

債務者の条件により、どれを選択するのかが異なります。

自己破産などの言葉を聞くと、何もかも失ってしまうという最悪なイメージをお持ちかと思いますが、破産宣告を経て、免責決定が下ると、返済義務がなくなる。などのメリットもあるのです。

債務整理を行えば、借金の取立ても止んだりと精神面にもメリットがあるのではないでしょうか。